木津歯科・インプラント、虫歯、保険治療から矯正など

木津歯科 デンタル治療ガイド








歯周病とは

 

正常
健常な歯周ポケットは、1~3mm です。

3~6カ月に一度、定期検診を行いしっかりとプラークコントロールしましょう。
歯周ポケットが3m以下でもプラークがついているような場合は危険信号です。

【リスク検査】
進行前に唾液検査する事によって患者さまのお口のリスク判定が可能です。結果により、患者さまのお口の状態に応じた対策により歯周病を予防します。

 


歯肉炎
【歯肉炎】
歯肉溝にプラークがたまり、歯肉に炎症が起きています。歯周ポケットと呼ばれる溝ができます。この段階では、歯を支える歯槽骨は吸収していません。

処置
3カ月に一度ぐらい検診を行い、ブラッシングにて改善をはかります。PTC(クリーニング)によりプラークや歯石を除去して歯周ポケットの拡大を防ぎます。

軽度歯周病

【軽度歯周炎 】
これがいわゆる歯周炎です。歯周ポケットは、4~5mm ほどになり、ポケット内にプラークや歯石がたまり炎症がより強くなります。歯肉の色が赤みを帯びてきます。歯を支える歯槽骨も吸収し始めます。

処置
表面の歯石除去の他、麻酔をして、ルートプレーニング(歯周ポケット内の歯石・汚染物質の除去)を行います。

中度歯周病
【軽度歯周炎・中等度歯肉炎 】
炎症が進行して歯周ポケットが深くなります。歯槽骨の吸収も進行してきます。歯を指で押すと弱干ぐらぐらしてきます。

処置
レーザ治療やルートプレーニングを行い歯石を除去します。症状が重いところは歯周外科手術へ移行する場合もあります。

【レーザー】
最新レーザーにより、患者様に合わせた歯周病治療が可能です。

 

重度歯周病

【重度歯肉炎】
歯のぐらぐらも著しくなり歯肉も全体的に真っ赤もしくは赤紫色になり出血も認められます。

処置
歯を保存できるようであれば歯周外科手術、再生療法(GTR・エムドゲイン等)を行います。残念ながら抜歯となる場合もあります。

 

 

歯を抜くというのは最終手段と考えております。できるだけ残せるような手段を考えていきます。

ただ、どうしても抜歯をしなければいけない場合も、例えばインプラントなどの方法もご提案させて頂きます。

全ての治療方法をご提案させていただき、患者様のニーズに合った治療をさせて頂きます。

 

  • POICウォーターは、純度99.9%の塩と不純物を限界まで取り除いた「超純水」を電気分解させた水です。
  • ・非常に安全性が高いため食品添加物としても認可されています。
  • ・POICウォーターは生体免疫由来の殺菌効果と同じ防御機構を有します。
  • ・POICウォーターを使用して歯ブラシ・うがいをすることで、口の中の細菌を殺菌・破壊して、口臭の発生・歯垢の形成を抑制し、歯周病や虫歯を予防します。 ・市販されているうがい薬とは違い、アルコール・着色料・保存料などは一切使用しておりません。
    【使い方】
    1、キャップ一杯(約10cc)を原液のまま口に含み、ブクブクうがいを30秒ほど行います。
    (歯と歯と間に通すようにうがいをすると効果的です)
    2、POICウォーターを口に含んだまま、ブラッシングを行います。
    (POICウォーターを含んだままのブラッシングが難しいようでしたら、はき出して
    そのままの状態でブラッシングを行っても効果があります)
    3、ブラッシング後は不快感がある場合は水でゆすいでいただいても結構です。