歯を失ってお困りの方へ

歯を失ってしまった方には・・・

歯を失うと、昔からブリッジや入れ歯が一般的な治療法として行われています。そこで、このような治療を経験されてきた患者さまからの貴重な感想をまとめてみました。

当センターでは、世界で最も歴史的信頼(1965年から臨床応用)があるスウェーデン製のブローネマルクインプラント (ノーベルバイオケア社)、および日本において最大の歯科材料会社の製品であるジーシーインプラント(株式会社ジーシー) を使用しております。そのため、骨の質が悪い、骨の量が少ないなど、あらゆる条件の患者さまに対しても、非常に成功率が 高く、安心してインプラント治療を行うことができます。

ブリッジにすると
  • 失った歯の両となりの歯を削ります。
  • 両となりの歯の負担が大きくなります。
  • ダミーの歯の隙間に汚れがたまります。
部分入れ歯にすると
  • 銀色のばねがみえます
  • 残っている歯に負担がかかります。
  • 噛むバランスが悪くなりやすいです。
  • 口臭が気になります。
総入れ歯にすると
  • 食事がおいしくなくなります。
  • 話しづらくなります。
  • 入れ歯をはずすのが嫌になります。

これらの治療がすべて悪いわけではありません。患者さまによってはブリッジや入れ歯をおすすめすることも多くあります。それに、まずは入れ歯を作製し使用していただくことも多くあります。

しかし、ブリッジや入れ歯の欠点が気になる方には、インプラント治療をおすすめしております。

院長(理事長)は東京歯科大学の臨床講師として、各歯科会社のインプラント治療の講師として講演、教育指導、治療をおこなっております。そのため、さまざまな患者さまに多くのインプラント治療を行わせていただいております。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、となりの歯を削ることはなく、残っている歯を健康に保つことができます。また、固定式のため、食事がおいしく何でもかめるようになり、発音もよくなります。そして、きれいな歯と快適な口もとをとりもどすことができます。まさに、アンチエイジングです。

インプラント症例

1本の歯を失ってしまった方には…

術前

レントゲン

術後


2~3本の歯を失ってしまった方には…

術前

レントゲン

術後


ほとんどの歯を失ってしまった方には…

下あごの歯がほとんど無く、大きな入れ歯をお使いでした。そのため、話しづらく、食事がしにくく、人とお会いするのが嫌になっていたそうです。

下あごに6本のインプラント手術をおこないました。

インプラント治療後のレントゲン写真

チタン製のフレームワーク(CAD/CAMにより作製するため、最高精度に仕上がります)に、セラミックスを付けた最終の上部構造です。

治療開始から2~3ヶ月後で、インプラント治療が完成します。骨の状態によっては、手術直後に歯をいれる最新インプラント治療をおこなうことも可能です。

インプラント治療における保障制度(10年)

歯を失ってしまったあとのインプラント治療は、安心、確実、痛くなく、長期にわたり良好な治療結果であることが大切です。当院では先進的なインプラント治療を行い、そのインプラント治療に対して10年間の保証をしております。

インプラント治療における保障制度(10年)

インプラント周囲組織の評価とメインテナンス

インプラントもしっかりとしたケアおよびメインテナンスを行わなければ、歯と同じように歯槽膿漏(インプラント周囲組織炎)になる危険性が十分にあります。そのような心配がなく、長期にわたり良好な状態であるためには、確実なインプラント周囲組織の診査とメインテナンスが必要です。当理事長らのグループによるインプラント周囲組織炎コンセンサス会議が2009年より開催され、その最新で確実な評価方法について検討が行われております。
また、当センターでは、当院で治療を受けたインプラントだけではなく、他院で受けたインプラントについても徹底した診査およびメインテナンスを行っており、患者さんにとって長く快適にインプラントが機能するように考えております。

当理事長の関連文献:
『DENTAL DIAMOND Vol. 34 No.497』
SPECIAL SYMPOSIUM インプラント周囲組織評価シート :19-42
デンタルダイヤモンド社 2009 November
木津康博(分担執筆)

歯科医師、歯科衛生士の方々へ

当センターにおけるインプラントのメインテナンスについての文献およびセミナーにご興味のある方は医院実績・セミナー情報をご参照ください。

インプラント治療を失敗しないために

近年、非常に残念なことに、インプラント治療の失敗症例がマスメディアでも取り上げられております。理事長(院長)も大学病院において、紹介で来院していただいております多くの失敗症例の患者さまの修復治療にあたらせていただいております。まさに、快適で長期にわたり良好な治療結果を獲得できるインプラント治療こそが、本来の正しいインプラント治療なのです。そのためには、正確な診査、診断、治療計画が非常に重要です。

当院では、画像精度が非常に高い、プロマックスデジタルレントゲン(プランメカ社製(フィンランド)、ジーシー販売)を使用しております。特にインプラント治療における3次元的画像診査のための断層撮影が可能です。

理事長(院長)はプロマックスデジタルを用いたインプラント画像診断のセミナー講師を務めておりますので、この最新デジタルレントゲン機器を用いた最新の診査、診断が可能です。各歯科医院においてインプラント治療が確実に成功するように、この最新デジタルレントゲン機の専用ホームページ内で理事長(院長)が歯科医師向けに症例解説をしております。 (インプラント治療における画像診断の実際―プロマックスデジタル(断層画像)の活用― 木津康博)

また、断層画像だけではなく、当院ではインプラント治療における最新のコンピューターを用いた3Dシミュレーションを利用したインプラント治療も行っております

理事長(院長)は3Dシミュレーションを利用したインプラント治療(ノーベルガイド)のノーベルバイオケア社公認講師も務めておりますので、この3Dシミュレーションを用いた最新のインプラント治療診断が可能です。


インプラント治療についての詳細はこちらからもご覧になれます。

料金について

インプラントの種類、上部構造の種類、材質により料金は異なります。
通常、インプラント治療費には埋入手術費と上部構造代が必要となります。

骨移植、最新インプラント治療(即時インプラント治療など)に関しては、症例により治療費が異なりますので、直接当院までご相談ください。
料金表はこちら >>