歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏の治療

歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏の治療

現代病である歯周病とは

日本人が歯を失う最大の原因が歯周病(歯槽のうろう)です。そのため、歯を失った後の義歯を作らなくてはいけない原因の多くはこれにあたります。

歯周病は「歯周」つまり歯の周りの組織の病気です。歯の周りには、「歯肉」、「歯槽骨」などがありますが、まず歯肉が炎症を起こして腫れ(歯肉炎)、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。それが深くなっていくと歯の土台となっている歯槽骨が破壊されて(歯槽のうろう)、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

なんと、われわれ日本人において、歯周病の初期症状である歯肉炎は、15~24歳ですでに50%の方が罹患し、歯周病(歯槽のうろう)は35~45歳で80%、45~55歳で88%もの人が罹患しています。(厚生労働省・平成11年歯科疾患実態調査)

正常な歯肉と歯周病の歯肉

インプラントも歯周病になる

他院で入れたインプラント、専門的なメインテナンスを定期的に行っていますか?

通常の歯周病治療では、インプラント歯周病は予防できません。専門的なメインテナンスが必要です!
インプラント歯周病(周囲炎)の発症率は、患者5人に4人(約80%)、インプラント2歯に1歯(約50%)と報告されています。

さらに、インプラントを除去する(抜く)可能性が高まる、重度なインプラント歯周病(周囲炎)は、患者の28%〜56%以上、インプラントの12%〜43%との高い発症率が報告されています。

正常なインプラント周囲と周囲炎
インプラント健常周囲

インプラント健常周囲

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎

他院で治療したインプラントも、当院で行ったインプラント同様に長期にわたり健康な状態にすることが大切です。
専門的なメインテナンスを行っていない方は、当院へご相談ください。

* インプラント専門メインテナンスは保険対象外となります。治療費はこちら→
歯周病、虫歯と唾液の関係

唾液(つば)というと、「天に唾する」、「眉唾物」などあまりいいイメージがないかもしれません。現に、唾液なんて何の役に立つのだろうと思っている方も多いと思います。しかし、唾液は日常生活において無くてはならないものです。唾液の働きとして、抗菌作用、消化作用、粘膜保護作用、消化作用など様々な作用があります。そのため、唾液が少なくなるとこの抗菌作用なども低下するために歯周病や虫歯が生じやすくなります。また、粘膜保護作用も低下するため、粘膜も傷つきやすくなってしまいます。

そのため、本院では唾液検査する事によって患者さまのお口のリスク判定を行い、患者さまのお口の状態に応じた治療方法をおこなっております。

唾液検査の試薬
歯周病と全身の関係

歯周病は成人の80%が罹患していますが、多くの人々が患っているのなら大した事無いなどと考えてはいけません。「Floss or Die」(歯を磨くか、死ぬか)このスローガンは1996年ノースカロライナ大学Beckらにより歯周病とアテローム性動脈硬化症との関係が示唆され、それを受けてプラークコントロールをしないと心臓病で死ぬことを戒めてGarciaにより作られました。また歯周病菌により感染性心内膜炎、早産および低体重児出産、糖尿病、誤嚥性肺炎との関係が研究され、注目をあびています。

歯周病と心臓病との関連

1996年Beckらは歯周病とアテローム性動脈硬化症の関係について1147人を18年間追跡調査し、歯周病の状態と冠状動脈疾患の関連性について評価しました。その結果、歯周病患者は健康な人に比べて冠状動脈疾患 3.6倍、冠状動脈疾患で死亡する確率 1.9倍、心臓発作は2.8倍でした。

本院では、大学病院にて、上記のような状態の方や全身疾患のある方の歯科治療を治療、研究、教育している歯科医師により「歯」のみにとらわれない歯科治療を行っております。

歯周病の最新治療(レーザーによる歯周病治療)

歯周ポケット内にレーザーを照射する事により、ポケット内を殺菌することができます。これにより、いままで器具が届きにくかったポケット内でも簡単に治療することが出来るようになりました。また、出力にもよりますがレーザー治療は痛みを感じることなく行えますので、レーザーを併用した歯周病治療をお勧めします。

PDTによる歯周病治療
プラーク(細菌の塊)メチレンブルー 非熱光

歯周ポケット内の奥深くは、機械的な清掃器具がどうしても届きにくいです。その様な深い歯周ポケット内の殺菌する最新のバイオテクノロジー治療である、光化学殺菌療法(PDT:Photo Dynamic Therapy)を、当院では導入しています。
非熱光であるコールドダイオードの光線による治療であるため、従来の機械的クリーニングでは届かなかった歯周ポケットの奥深くまでの治療効果を期待でき、術後の「痛み」や「腫れ」が生じません。また、治療に際しての麻酔を行う必要もなく、歯1本あたり約1分程度で行えます。
術式は簡単で、①メチレンブルーという無害なバイオジェルを歯周ポケットに流して、歯周病源菌に付着させる(人間の細胞には付着しません)②非熱光線を照射することによって、バイオジェルが化学反応を起こし活性酸素を産生し歯周病源菌を殺菌する。

歯周病原因菌にメチレンブルーが付着 日熱光を照射することによって活性酸素を生成 歯周病原因菌を殺菌