木津歯科

MENU
JP/EN

コンプライアンス

COMPLIANCE

【当院の医療におけるコンプライアンスの重要性について】

患者様に安全な医療を提供する為に

医療法人社団木津歯科では、①患者様に質の高い医療および安全性の高い医療を提供するため、②当院の医療従事者に働きやすい環境を提供するため、③医療界全体の発展のために、医療コンプライアンスの徹底および実践を行っております。
当院での医療コンプライアンスは、医療専門の弁護士である小畑真が担当させていただいております。

インフォームドコンセントの徹底

インフォームコンセントとは、「十分な説明を受けた上での同意」という意味を持ち、医療コンプライアンスでは重要なことです。
当院での医療行為に関して十分に説明した上で、確実な同意を得るとともに、不安・疑心の排除に努める必要があります。とくに、歯科インプラント治療、再生医療、顕微鏡下根管治療、矯正治療などは健康保険外であり、先進的な専門医療のため、インフォームドコンセントを徹底することに努めております。患者様が治療に対する理解度を高めることは、このような専門医療の良好な治療結果にはとても重要なことです。

診診連携について

当院では、診療所と診療所との連携も積極的に図っています。つまり、歯科インプラント治療や口腔外科治療などは専門性が高く、無理な治療は患者様にとってとても不利益な結果となり得ます。そこで、当法人の木津康博(総院長)が多くの歯科医師と共同で歯科治療を行わせております。
医療コンプライアンスを徹底した上で、診療所同士の強い連携により、患者様に専門的な治療を提供できるようになっています。また、全国の歯科医師との連携を強め、治療の質と安全を高めるためにも、全国レベルの歯科インプラントスタディークラブの会長も努めています。

https://www.dc21.jp

医療コンプライアンス担当弁護士

小畑 真
小畑法律事務所

1992年北海道札幌南高等学校卒業
1998年北海道大学歯学部卒業
1998年医療法人仁友会 日之出歯科真駒内診療所に勤務
2007年北海道大学大学院歯学研究科博士課程 修了(歯学博士)
2010年北海道大学法科大学院 修了(法務博士)
2011年司法試験合格
2012年弁護士登録
2014年小畑法律事務所を開所
2016年弁護士法人 小畑法律事務所を設立
初めての方
再診